老老介護の難しさ(おすぎとピーコのケース)

一時はコメンテーターとして
テレビのワイドショー番組に引っ張りだこだった、おすぎとピーコ(本文中、敬称略)。

日笠雅水先生の著書に、
おすぎとピーコの手相を観た様子が取り上げられている。

 

おすぎとピーコの近況

↑の記事には、彼らの今までの経緯と近況が書かれている。

このふたり、
1982年に「どちらかが死ぬかも」というような
激しい大ケンカをした。

しかしその後、
1989年にピーコの左眼にがんができ
左の眼球を摘出する手術をしたのがきっかけで
ふたりは仲直りした。

そんな中、
おすぎに初期の認知症の症状が出始めたことから、
昨年末からおすぎとピーコは同居を始め、
ピーコがおすぎを老老介護をしていた。

しかし同居は上手く行かなかったようで、
今はおすぎは施設に入り、
ピーコは自宅で一人暮らし、とのこと。

ピーコのほうも、
おすぎが施設に入ったことを理解できていないようで、
ピーコのほうもひとり暮らしが心配な状況だそうだ。

ふたりはあれだけ仲が良かったのに、
最後は離れ離れで生活することになったようで残念なことだ。

永らく一人暮らしをしていた人(特に男性)が
高齢になってから身内を老老介護するのはなかなか厳しいようだ。